生ゴミ処理機の基礎知識

生ゴミ処理機の種類

生ゴミ処理機には「業務用」と「家庭用」があり、一般的な家庭用生ゴミ処理機には「バイオ式」と「乾燥式」が存在します。

バイオ式.微生物の働きで生ゴミを水と炭酸ガスに分解し、減量・減容させる。約1/10に減容させる。微生物に生ゴミを分解させる方式。4.5時間から24時間で分解するタイプが多いが4.5時間で分解するタイプもある。残存物は少ない。

乾燥式.ヒーター等の熱源や風で生ゴミの水分を物理的に蒸発させて乾燥し減量・減容させる。約1/7に減容させる。処理時間は2時間弱と短い。処理物は除菌されているので、触わっても問題ない。
バイオ式と乾燥式について、更に詳しく見る

バイオ材とは

生ゴミを分解するために、人工的に菌を増殖させた土であることが一般ですが、生ゴミ処理機を製造・販売するメーカーによって特徴も性能も大きく異なります。

環境生活館のバイオ材は、自然界にあるものだけを組合わせ、自然・安全・無害を重視した土壌菌のバイオ材を育ているのが特徴で、見た目も香りも「土」そのものながら、その菌数は1g当り約5億5千万~7億8千万個になります。

東北環境のバイオ材

東北環境のバイオ材

ニューサムのバイオ材について詳しく見る

生ゴミの処理に関するよくある不満

1:収集日までの保管が大変!

収集日まで室内で保管しなければならないので気になる。

2.ゴミ出しが大変!

生ゴミを溜めている袋から液だれがする。

ゴミ袋は重くて、ゴミ捨て場まで持っていくのが大変。

収集所まで遠く、また収集時間が決まっているため面倒。

3.ペットのフンの始末の仕方が分からない!

生ゴミにこっそり入れて出しているが、いけないことをしている気がする。

ペットのフンはトイレに流しているが、それでよいか不安。

生ゴミ処理機に関するよくある不満

1.維持が大変!

生ゴミを処理機に入れて、完了後に中身を取り出したり、洗わなければならないから面倒。

2.ゴミ出しが大変!

生ゴミを溜めている袋から液だれがする。ゴミ袋は重くて、ゴミ捨て場まで持っていくのが大変。

収集所まで遠く、また収集時間が決まっているため面倒。

3.値段が高い!

昔に比べると安くはなったが、まだまだ高い。

電気代もかかりそうだし、買うのにはやはり抵抗がある。

ニューサムで不満を解消する
その他よくある生ゴミ処理機の質問を見る

生ゴミ処理機の上手な活用方法

1.生ゴミ処理機に入れてよいものと、いけないものを分別します。

2.水分をよくきった生ゴミを投入します。

3.フタを閉めるだけで自動的に分解処理がスタートします。

4.攪拌開始。バイオの力で水と炭酸ガスに分解。24時間で生ゴミの約97%がきれいに消えます。

5.ニューサムなら、24時間で生ゴミの約97%がきれいに消えます。

p2
もっと詳しく使い方を見る

補助金・助成金を活用する

各自治体によって様々ですが、現在、全国で少なくとも1,500以上の自治体が「家庭用電気生ゴミ処理機」に対して助成措置を講じています。

基本的には購入後に市役所などで所定の所手続きを行えば助成金を受け取ることができますが、自治体によっては購入前に手続きを行うことが必要な場合がありますのでご注意ください。また、助成金の支給額(支給率)は各自治体によって異なります。
全国の補助金・助成金情報を見る